ロボットプログラミング競技に参加するとPDCAを最速で回す習慣が身につく

ロボットプログラミングで大会に参加すると、どんなメリットがあるのですか?

お悩み

ロボットプログラミングの大会(ロボコン)に参加すると、こども達にどんなメリットがありますか?

ロボットプログラミングの大会で結果を出す子ども達は
長い期間準備してきたと思うのですが、具体的にどんなことをやっているの?

結論

PDCAを回すことで、自分の現在状況に応じて、より計画的に物事を進める能力が身につきます

  • PDCAとは
  • 事例1:小学校に入学するときに通学路チェック
  • ロボットプログラミングにより、実際にモノを動かしてリアルに体験して学ぶ
  • P:具体的にゴールをイメージする
  • D:ゴールまでの手順を考える
  • C:やってみて失敗したら原因を考える
  • A:原因に対して適切な対策を打つ
さざえもん

具体的な事例で期日が決まっているものを題材にしながら、
課題解決能力を養うことができるので、まさにSTEAM教育の実践例だと思います。
ロボットを自分の思い通りに動かすためには、たくさん失敗して、それを修正することを繰り返すので、本人たちが意識していないかもですが、結果的にPDCAのサイクルに入っているのです。
これを経験した人は、あとからPDCAの知識が入ったときに、ピンとくるはずです。自分の実体験をもとに話せるようになるはずです。

目次

PDCAとは

物事を達成するためには、PDCAを回すという話を聞いたことはあると思いますが、その方法を紹介します。

下記のような手順で、目的やゴールに向かって進んでいく力を育てよう!ということです。

STEP
P:計画を立てる

どういうロボットを作るのか、コンセプトを考えます

STEP
D:実行する

コンセプトに基づいて、ロボットを作ります

STEP
C:チェックして課題を考える

思った通りにロボットが完成したか確認します

STEP
A:課題の対策をとる

思った通りにできなかった場合は、どうやって修正するか対策を決めます

ステップ1のPに戻る

事例1:小学校に入学するときに通学路チェック

 例えば、幼稚園を卒園して小学校に入学するときに、学校までの通学路を歩いて道を覚えた経験はありませんか?

これがプログラミング的思考です。

スタートから始まって、ゴールに進む。これが最も簡単なプログラムです。

まっすぐな道を進むだけではなく、途中で曲がり角があるので、右に曲がるのか左に曲がるのか、間違えないようにします。こんな感じでゴールまでの道順を覚えて、思った方向に曲がって、ゴールまでたどり着きます。

最初はこども1人ではなく、親と一緒に歩いたと思います。

でも、繰り返し練習すれば、こども1人で歩けるようになります。

プログラムも、同じように繰り返し練習すれば、思い通りに動かすことができます。 

ロボットプログラミングにより、実際にモノを動かしてリアルに体験して学ぶ

この思考を、ゆっくりコツコツ楽しみながら学ぶ方法として、

私の息子たちは、年長さん~小学1年生で、レゴを使ったプログラミングを始めました。

パパも一緒に学び始めました。

レゴなので、ロボットを自分で作って、それを動かすことができます。

勉強ではなく、おもちゃで遊んでいる感覚です。

5歳〜1年生で、『We Do 2.0』で遊びました。

We Doチャレンジという競技に参加して、教室に通わずに個人として、関東大会で3位入賞することができました。

1年生以降は、『レゴ マインドストームEV3』を使いました。

ロボットプログラミング教室に通うことで、教室内の全国大会で優勝することができました。
現在は小学4年と5年ですが、WRO(ワールドロボットオリンピア)という大会で上位を狙って頑張っています。

 これを使うと、いったいどんなことが身につくのでしょう? 

以下には、レゴマインドストームEV3の事例を紹介します。

 ロボットを使って、実際に動かしながら、体験することができます。

ロボットの動きを見て、自分の思い通りに動いたのか、それとも、思っていたのと違う動きをしたのか

これを見て、間違っていたら修正すれば良いのです。 

自分で作ったロボットが動くので、ロボットに愛着がわいて、楽しみながら学ぶことができます。

実際に動くので、年長さんや小1でも、理解しながら、遊び感覚で学ぶことができます。

是非、親子で一緒にやってみてください。

P:具体的にゴールをイメージする

 ロボットは、スタートからゴールに向かいます。

途中で、数々のミッションをクリアする必要があります。

あらかじめ、ルールを決めて、そのルールに従って、ゴールを目指します。

例えば、

 ゴール:近所の友達の家(まっすく進んで、1つ目のT字路を右に曲がって、3件目の家)
      まで歩いてたどり着く

こんな感じです。

これを、タイヤがついたロボットで行います。

D:ゴールまでの手順を考える

 ゴールに向かうために、途中ミッションをどのようにクリアするのか

よく考えることになります。

例えば、こんな感じです。

  1. スタート
  2. まっすぐ進む(タイヤが3回転※)
  3. 右を向く
  4. まっすぐ進む(タイヤが3回転※)
  5. ゴール

※実際のコースでは、50mではなく、50cmだったりします。
 50cm進むためには、例えばタイヤが3回転だとします。

このプログラムでは、2つのブロックがあれば完了です。

1つめは、まっすぐ進むブロック
      このブロックの中に、どのくらい進むのか、数値を入れるだけです。

2つめは、右に直角に曲がるブロック

以上です。

たったこれだけで、ロボットがまっすぐ進んで、右に曲がって、

3件目の家にたどり着くことができます。

C:やってみて失敗したら原因を考える

プログラミングでは、失敗することは、当たり前です。

必ず失敗すると言っても過言ではありません。 

本当は右に行きたかったのに、ロボットが左に行ってしまうことがあります。

あれ?なんで左に曲がったんだろう?と疑問に思いますよね?

だって、右に行きたかったのに、左に行ってしまった。ということが、見た目でわかりやすいからです。

思っていたのと違う動きをした。と認識することが大切です。

そして、どうして左に行ってしまったのか、その原因を考えましょう。

ロボットが壊れたのでしょうか?それともプログラムを間違えたのでしょうか?

おそらく、2つめのブロックで、左に直角に曲がるブロックを使ってしまったのでしょう。

A:原因に対して適切な対策を打つ

 右に曲がるプログラムを作ったつもりが、左に曲がるプログラムになっていたことに

気づいたので、右に曲がるブロックに変更します。

プログラムといっても、難しい英語の文字をタイピングするのではなく、

ある決められたブロックを置いて、数字を入力するだけなので、簡単で、直観的に覚えることができます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こども達の学びのために、親が支援できることは何か?を考えながら自分をアップデートしていきたいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる