WRO2022ルール 小学生クラス 【非】公式版

非公式版なので、公式版はホームページから英語版を参照してください。

コースの原文

https://wro-association.org/wp-content/uploads/WRO-2022_RoboMission_Playfield_Elementary.pdf

ルールの原文

https://wro-association.org/wp-content/uploads/WRO-2022-RoboMission-Elementary.pdf

目次

目次

1.導入

2.ゲームフィールド

3.ゲームオブジェクト、位置、ランダム化

4.ロボットミッション

 4.1 てんとう虫を救う

 4.2 高い草を刈る

 4.3 悪い雑草を集める

 4.4 サービスポイントを有効化

 4.5 ロボットを駐車する

 4.6 ボーナスポイントを獲得

5.採点の付け方

6.地方、地域、および国際的なイベント

パート1 ゲーム説明

1.導入

家庭や日常の家事でのロボットの用途は数多くあります。

例えば、庭でさまざまな仕事を実行できるロボットです。

プールを掃除したり、植物の種まき、または花に水をやるロボットがあります。

小学生ゲームのフィールドでは、ロボットが草を刈り、悪い雑草を収集するタスクを引き受けます。

同時に、ロボットはロボットの通り道にいるてんとう虫に注意し、それらを安全に運ぶ必要があります。

2.ゲームフィールド

次の図は、さまざまな領域のゲームフィールドを示しています。

テーブルがゲームマットよりも大きい場合は、スタートエリアの両側の壁にマットを置きます。

テーブルとゲームマットの仕様の詳細については、WRO RoboMission General Rules、Rule6をご覧ください。

マットの印刷可能なファイルと正確な測定値を含むPDFは、www.wro-association.orgで入手できます。

3.ゲームオブジェクト, 配置, ランダム化

草(3個)&悪い雑草(3個)

3つの草の要素と、3つの悪い雑草の要素は、ゲームフィールドの8つの灰色の位置のうちの6つで各ラウンドにランダムに配置されます。 2つの灰色の位置は空のままです。

ここで確認できるランダム化の1つ(緑のXは草、赤のXは悪い雑草):

てんとう虫(3個)

フィールドの黄色い部分には常に3匹のてんとう虫がいます。

てんとう虫は常にスタートエリアに向かって左を向いています。

サービスポイント(1個)

サービスポイントは、灰色の領域内の白い長方形に配置されます。

常に緑色の部分が左側と下部になるように配置されます。

ミッション中にグリーンサイドを持ち上げる必要があります。

フェンス(11個)

フィールドには、移動したり損傷したりしてはならないフェンスが11個あります。

4.ロボットミッション

理解を深めるために、ミッションについては複数のセクションで説明します。

チームは、ミッションを実行する順序を決定できます。

4.1 てんとう虫を救う

ロボットは草を刈り、悪い雑草を集めたいと思っています。 したがって、ロボットはてんとう虫を園芸ロボットのルートから遠ざける必要があります。

てんとう虫の根元がルートエリアの外にあり(濃い緑色のエリアと白い周囲の黒い線)、直立した状態で立っている場合、フルポイントが付与されます。

4.2 高い草を刈る

園芸ロボットの1つのタスクは、草を刈ることです。 ロボットは、灰色の位置にある草の要素を識別してから、草を刈り取ります(草の上部を削除します)。

草の上部がベースの上になく、草要素のベースがまだ灰色の領域に接触している場合、フルポイントが付与されます。

4.3 悪い雑草を集める

園芸ロボットのもう一つの仕事は、悪い雑草を集めることです。 ロボットは、灰色の位置にある悪い雑草の要素を特定し、これらの要素を収集ポイントに持ってくる必要があります。

フィールドには2つの収集ポイント(茶色の領域)があります。 悪い雑草の要素が収集ポイントの1つに完全に含まれている場合、ポイントが付与されます。 ゲームフィールドの最後に、ロボットが雑草を収集ポイント2に持ってくると、さらに多くのポイントが付与されます。

4.4 サービスポイントを有効化

園芸ロボットが庭を通るルートを正常に完了すると、サービスポイントがアクティブになります。 次に、園芸ロボットのユーザーは、ロボットが園芸を正常に実行したというメッセージをスマートフォンに表示します。

サービスポイント要素が黒から緑に切り替えられ(緑が上にある必要があります)、フィールド上で少なくとも9つのフェンスが移動/損傷しておらず、サービスポイントが完全に灰色の領域にある場合、ポイントが付与されます。

4.5 ロボットを駐車する

ロボットが開始および終了エリアに戻って停止し、ロボットのシャーシが完全に(上面図)開始および終了エリア内にある場合、ミッションは完了します(ケーブルは開始および終了エリアの外に置くことができます) 。

4.6 ボーナスポイントを獲得

柵を動かしたり傷つけたりしないとボーナスポイントがもらえます。

5.採点の付け方

採点の定義

「完全に」とは、ゲームオブジェクトが対応する領域(黒い線を含まない)にのみ接触していることを意味します。

採点の付け方の解釈

てんとう虫は完全にルートエリアの外にあり、直立した姿勢で立っています。⇒ 各5ポイント

草の上部はベースの上になくなり、草の要素のベースはまだ灰色の領域に接触しています。⇒それぞれ7ポイント

悪い雑草の要素は完全に収集ポイントの中にあります各1⇒それぞれ9ポイント

悪い雑草の要素は完全に収集ポイントの内側にあります各2⇒12ポイント

上記の収集ポイント1に示されている他のすべての状況は、収集ポイント2にも適用されます。

サービスポイントが正しく設定され、少なくとも9つのフェンスが立っており、サービスポイントのベースが完全に灰色の領域にあります⇒17ポイント

ロボットはスタート&フィニッシュエリアで停止します(ボーナスではなく他のポイントが割り当てられている場合のみ)⇒14ポイント

フェンスが動かなかったり損傷したりしていない⇒各2ポイント

6.地方、地域、および国際的なイベント

WRO大会は、約90か国で開催されており、各国のチームは異なるレベルの複雑さを期待していることを私たちは知っています。 このドキュメントで説明されているチャレンジは、国際的なWROイベントに使用されます。 これは競争の最終段階であり、最高のソリューションを備えたチームが参加します。 そのため、ゲームのルールは難しいものです。

WROは、すべての参加者が大会で良い経験をすることができる必要があると感じています。 経験の少ないチームもポイントを獲得して成功できるはずです。 これにより、技術的なスキルを習得する能力に自信が持てるようになります。これは、将来の教育の選択にとって重要です。

これが、WRO Associationが、各国の主催者が自国のイベントにルールを適合させるかどうかを決定することを推奨している理由です。 彼らは、すべての参加者が前向きな経験をすることができるように、地方、地域、および全国的なイベントの課題を容易にすることができます。 ナショナルオーガナイザーは独自の選択を行うことができるため、各コンテストはそれぞれの特定の状況やアイデアに適合します。 ここでは、課題を簡単にするためのアイデアをいくつか紹介します。

簡略化のアイデア:

•草や悪い雑草の要素のランダム化はありません

•収集ポイント1と2の間に違いはありません

 •2つ以上のフェンスの移動/損傷を許可する

パート2 ゲームオブジェクトの組立

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こども達の学びのために、親が支援できることは何か?を考えながら自分をアップデートしていきたいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる